水素自動車

MENU

水素自動車

自動車というと、ガソリンを使って動くのが当たり前でした。しかし、最近注目されているのは、水素自動車です。水素がエネルギーとして使われるようになって、水素を使った水素自動車が研究され、そしてついに誕生しました。

 

水素自動車の仕組みや特徴について、ご紹介します。

 

水素自動車とは?

 

水素自動車は、ガソリンを使って走るのではなく、水素をエネルギーとして使用し走る自動車のことです。エンジンが改良されたことで、水素を燃焼させているのです。環境汚染が心配されている二酸化炭素は一切発生しません。

 

水素自動車の燃料補給について

 

水素自動車は、ガソリン自動車と同じように水素を燃料として補給する必要があります。水素ステーションと呼ばれるものから、直接補給するシステムが今考えられています。

 

水素自動車のメリット

 

水素自動車のメリットといえば、やはり二酸化炭素を発生させない、というところです。車を使う人が増えて、皆がガソリンを使っていると、当然二酸化炭素の発生量は増えてしまいます。そのため、温暖化が進んでしまうことが懸念されていました。しかし、水素であればそういった心配がありません。

 

それ以外にも、水素はエネルギーとしてハイパワーなので、とても効率よくエネルギーとして活用することができます。騒音も少なく、ガソリン車よりも静かといわれています。やはり騒音が少ないほうが、車内も車外も快適です。電気自動車のように充電も不要となっています。

 

水素自動車のデメリット

 

デメリットとしては、まだ本格的に水素をエネルギーとした水素自動車が普及していないため、製造の効率があまりよくない、という点です。製造だけではなく、これからどのように水素を供給するか、それがこれからの課題ではないでしょうか。燃料電池車として様々なメーカーで開発がおこなわれています。

 

これからどのように実用化されていくかが注目されています。

 

水素自動車なら環境にもいい

 

水素自動車の仕組みや特徴についてご紹介しましたが、何より考えたいのは、これからの地球のことです。このままガソリンで走る車が増え続けてしまえば、やはり地球の温暖化は止まることがありません。最近は燃費がいい車なども増えていますが、水素自動車のように、水素ですべて賄えるようになったら、それほどいいことはありません。

 

このままではどんどんと人間にとって暮らしにくい地球になってしまいます。自分たちの責任ではありますが、地球のことを考え、エコのための車を作って、乗っていく必要があります。水素自動車も、エコのための車のひとつといえるでしょう。