水素ガスについて

MENU

水素ガスについて

水素を使った水素ガスは、様々な物を動かす燃料として知られています。水素ガスがどのようにできているのか、そして水素が持つ特徴や活用方法について、ご紹介します。

 

水素ガスってどんなもの?

 

水素ガスは、水素原子が2つ結びついたものです。水素がひとつで水素原子といい、物質が一番小さい状態です。その原子が2つくっつくと水素分子となります。水素原子と酸素原子がくっつくことで、水になる、というのは多くの人が知っているでしょう。

 

水素ガスには味もニオイもないもので、他のガスと比べて最も軽い気体です。実は宇宙上には最も多いといわれているのが水素です。また水にも溶けにくく、かなりの低温にならないと、液体にはなりません。−253℃以下にならないと、液体に変わらないのです。なかなか地球上でそれほどの低温にはならないので、水素ガスが液体になるのは目にすることができないと思います。

 

空気を混ぜると燃えるため、水素ガスは燃料として使われていました。

 

エコには欠かせない水素ガス

 

水素ガスは、今エネルギーになると注目されています。地球温暖化が問題となっている今、燃やして二酸化炭素が発生してしまうエネルギーは歓迎されません。それでも、そうするしかない…と今までは仕方がなかったのですが、水素ガスを使用すると二酸化酸素が発生せず、水が出るだけです。大気を汚染するような物質は一切発生しない、それこそが水素ガスの注目されているポイントです。

 

また、水素は他のエネルギーよりもパワフルです。同じ量を燃やしてみると、ほとんどのエネルギーより水素ガスのほうがパワーも強く、多くのエネルギーを発生させることができます。

 

そして何よりうれしいのは、水素ガスは無限で作りだすことができる、という点です。水素はいろいろな物質に含まれています。しかも、使い終われば水に戻ります。そしてまた自ら水素ガスを取り出す…とどれだけ使っても繰り返し発生させることができる水素ガスは、エネルギーとしてとても役立ちます。

 

エネルギーの物質には限りがあるといわれ、このままのペースではいつかエネルギー物質が尽きてしまう、大事にエネルギーを使わなくてはいけないといわれていました。大事に使うのはもちろんなのですが、水素ガスが活躍する場所を増やすことによって、地球温暖化などの進行を抑えられるでしょう。世界で課題になっているエコには欠かせない、新しいエネルギーとして注目されているのです。