水素の地球上の役割とは

MENU

水素は私たちの身近にある原子でありながら、実際には地球上でどのような役割を果たしているのか、知っていますか?水素はどんなところで活用されているのか、水素の地球上での役割についてご紹介します。

 

水素はエネルギーとして大注目

 

水素が今活躍する場として注目されているのは、エネルギーとしてです。昔から、水素を使って気球を飛ばすなど、活用されてきました。エネルギーというと、石油など…限りある物質をイメージします。確かに、水素がエネルギーとして活躍できるようになるまでは、今まで違うエネルギー物質を発掘して使用していました。これは世界中に当てはまることです。でも、エネルギー物質に限りがあります。人間が使えば使うほど、エネルギー物質は減少していきます。エネルギー物質が底をつけば、もうエネルギーを発生させることができないのです。

 

そこで水素エネルギーが注目されました。水素は無害で、エネルギー物質として燃やしても、二酸化炭素は発生しません。二酸化炭素は地球温暖化の原因にもなっていますし、これからの地球の環境汚染が心配されていました。水素エネルギーなら、燃やして発生するのは水だけです。当然水には害はありませんし、地球温暖化の原因にもなりません。水素エネルギーを燃やして発生した水から、
再度水素エネルギーが発生するのです。

 

とてもエコで、しかも無限にエネルギーを発生させられるとして、水素が注目されています。

 

健康・美容にもいい?

 

水素が地球上でどんな役割をしているか…ほかにも様々なものがありますが、身近なものとしては、人間の体に与えてくれるプラスの効果です。身近なものだと思うと、より水素を近い存在に感じます。

 

特に最近は水素が活性酸素を除去するといわれており、抗酸化作用でも注目されています。活性酸素が発生し、それが体内に大量に残ってしまうと老化が進んでしまいます。体のサビ、などとも呼ばれています。体のサビを増やさないように、水素を体内に取り込みます。

 

そうすると、水素がしっかりと体内の活性酸素を除去して、排出してくれます。いつまでも若々しく…そう願う人たちの強い味方をしてくれます。いくら外見だけ気を付けていても、内側からやってくる老化に打ち勝つのは難しいです。内側からの健康・美容対策として、水素の人気が高まっているのです。

 

エネルギーとして、そして健康と美容のため…私たちにとって、水素はこれからの生活に欠かせない存在となっています。