水素と人体

MENU

水素と人体

水素は様々な場面で活躍するものですが、人体とはどのような関係があるのでしょうか。水素と人体の関係についてご紹介します。

 

活性酸素と人体

 

人体は活性酸素でサビる、といわれています。サビる=老化するということで、病気を招く原因にもなります。医学界では、活性酸素が病気や老化を引き起こすというのは定説になっています。水素は、体内の活性酸素を除去してくれるため、人体には必要なものです。

 

活性酸素は体に不必要?

 

活性酸素=体に合ってはならないもの、というイメージがありますが、活性酸素は本来人体にあるべきものです。酸化する力が強い体は、殺菌する力も強いことになります。そのため、体内の細菌をやっつけてくれたり、酵素の働きを促進する効果も期待できます。

 

ではどうして活性酸素が悪者のように言われているのかというと、それは活性酸素の増えすぎが問題です。酸化する力が強すぎる状態が続いていると、殺菌する力が強くなりすぎて体内の細胞のダメージを与えてしまいます。身体の正常な細胞もダメージを受けてしまうと、老化が進んだり病気を招く原因になるのです。

 

水素で活性酸素を排出

 

水素が体内に取り込まれると、悪玉の活性酸素と反応して無害にしてくれます。水素のいいところは、善玉と悪玉がある活性酸素のうち、いい働きをしてくれる善玉活性酸素には反応せず、悪玉発生酸素にだけ反応するので、人体に悪い影響を与えず、必要ないものだけを排出してくれます。そして、水素と反応すると水になるので、無害化された状態で体外へ排出できるのです。

 

水素は人体に行き届きやすい?

 

健康にいいといわれている成分の中でも、水素は拡散性が高いです。そのため、身体の隅々までしっかりと水素を取り入れることができます。かなり小さな物質なので、小さな隙間をたどって届き、全身に水素がいきわたります。

 

美容にも水素の時代

 

水素が人体に与えるのは、健康だけではありません。最近は水素が美容にもいいとして知られ、多くの人が取り入れるようになりました。

 

水素を取り込むことでどう美容に効果を感じるかというと、一番感じやすいのは肌荒れの改善です。季節の変わり目やストレス、食生活などで肌が荒れやすい人も多いですが、水素を取り込むようにすると、水素の抗炎症作用が働いてくれます。そのため、肌荒れが起こりにくく、炎症を最小限に抑える期待ができるでしょう。

 

人体にとって、水素は今、なくてはならない成分になっています。